科学的に集中力を上げる方法(お子様にもぜひどうぞ)

脳機能向上チャンネル(お子様にもぜひどうぞ)

集中力、記憶力、創造力、認知機能などの向上方法(科学的根拠に基づいたもの)を掲載していきます。

MENU

【記憶力】これで最強の勉強法が完成だ!!!(記憶力テクニック編完結)

記憶力テクニック編まとめ

f:id:aka-yuri:20200602113642j:plain
記憶力のテクニック編最終回です。

今までのテクニックをまとめて、最も効率的な勉強法を作ってみたいと思います。

 

最も効率的な勉強法

テクニックのまとめ

今まで記憶力テクニック編で記事にしたことをまとめますと

分散学習」:学習を小分けにする。

記憶の宮殿」:記憶したいことを場所でイメージする。

テスト効果・検索練習」:ミニテストをして思い出そうとする作業を取り入れる。

効率的復習法」:間違えたもののみ復習し、全てをミニテストする。

復習タイミング」:テストまでの期間が長いほど長く一度復習したものほど長くする。

 

です。

これを実際の学習に当てはめてみたいと思います。

 

使える勉強法使いづらい勉強法があると思いますので、使い分けが必要かと思います。

【英単語】

◯今日は、英単語の日!など決めずに他教科と小分けにして学習する。(分散学習)

◯一度覚えたら自分でテストをしてみる。(テスト効果、検索練習)

間違えたもののみ復習し、もう一度全てテストする。(効率的復習法)

テスト期間まで長いほど、復習期間を長めに取る。復習ごとに復習期間を長くする(復習タイミング)

 

【論文】

◯今日は、論文の日!など決めずに他教科と小分けにして学習する。(分散学習)

◯論文の内容を順番に自宅に配置してイメージする。(記憶の宮殿)

◯ある程度覚えたら自分でテストをしてみる。(テスト効果、検索練習)

間違えた箇所を再度イメージし直し、もう一度全てテストする。(効率的復習法)

テスト期間まで長いほど、復習期間を長めに取る。復習ごとに復習期間を長くする(復習タイミング)

 

【数学】

◯今日は、数学の日!など決めずに他教科と小分けにして学習する。(分散学習)

◯ある程度できるようになったら自分でテストしてみる。(テスト効果、検索練習)

間違えた問題を練習し直し、もう一度全てテストする。(効率的復習法)

テスト期間まで長いほど、復習期間を長めに取る。復習ごとに復習期間を長くする(復習タイミング)

 

【日本史】

◯今日は、日本史の日!など決めずに他教科と小分けにして学習する。(分散学習)

歴史的人物がしている行動をイメージその行動の様子を時系列で順に自宅に配置していく(あくまで例です)。(記憶の宮殿)

◯ある程度複数の人物の記憶ができたらテストをしてみる。(テスト効果、検索練習)

間違えた人物の内容を記憶し直し、もう一度全てテストする。(効率的復習法)

テスト期間まで長いほど、復習期間を長めに取る。復習ごとに復習期間を長くする(復習タイミング)

 

 

上記のものは、あくまで例ですので、使いやすいように使ってみてください。(^_^) 

 

雑感

中学校あたりの時に知りたかったですねー。なんだか今思えばすごく効率が悪いことをしてた気がします、、、、(泣)

参考になったら幸いでーす。( ^_^)/~~~

 

今週の動画

アニメーションを使った動画です(^_^)

こんなやつです↓

f:id:aka-yuri:20200527105946p:plain

スマホの使いすぎで人体に起こるヤバイことその対処法を動画にしました。

www.youtube.com

ぜひどうぞー!

皆様に有益な情報を配信していきます。登録していただけたら嬉しいです(^_^)

【記憶力】復習は、間違えたものだけ?全部?どちらの方が効率的?(記憶力テクニック編5)

復習の効率化

記憶力のテクニック編第5弾です。

今回のテクニックもテスト勉強受験勉強資格試験の勉強などに使えるテクニックです。

テクニック編は、これで最後ですので次回まとめを書きます(^_^)

 今回の研究は、前に書いたテスト効果、検索練習も使った研究です。

 

復習の効率的な方法

説明

大学生対象の 研究(1

大学生に40個のスワヒリ語を記憶してもらい、テストをしました。

そこで、

 

グループ1  全て復習         全てミニテスト

グループ2  間違えた単語のみ復習   全てミニテスト

グループ3  全て復習         間違えた単語のみミニテスト

グループ4  間違えた単語のみ復習   間違えた単語のみミニテスト

グループ5  いつも通り勉強し、記憶する。一度覚えられたら復習しない。

 

に分けました。

 

研究結果

1のfig.2) 

縦軸:正答率

横軸:ST(グループ1)SNT(グループ2)STN(グループ3)SNTN(グループ4)

です。

 

グループ1グループ2の成績がダントツに良かった

グループ1は全て復習している分、グループ2が最も効率が良かった

 

間違えた単語のみミニテストは、あまり良くないんですねー(◎_◎;)

全てテストすることで記憶が紐づいて記憶が強化されるんですかね。

 

方法

上記のことから、基本的に

復習時

間違えたもののみ復習

全てミニテスト

 

していくのが最も効率が良さそうです。

研究が単語の記憶なので、全ての勉強に当てはまるかは一概に言えませんが、参考にしてみて下さい。

 

お子様用

テスト勉強、受験勉強などに参考になったら幸いです。もし使えそうでしたら、アドバイスしてあげてみて下さい(^_^)

 

私の感想

いやー、単語帳などで暗記するときいつも全部復習していました(泣)なんか、全部しないと不安になっちゃうんですよね笑、、、。記憶の定着には、良かったものの効率的には、あまり良くなかったんですね、、、。

参考になったら幸いでーす。( ^_^)/~~~

 

今週の動画

アニメーションを使った動画です(^_^)

こんなやつです↓

f:id:aka-yuri:20200527105946p:plain

スマホの使いすぎで人体に起こるヤバイことその対処法を動画にしました。

www.youtube.com

ぜひどうぞー!

皆様に有益な情報を配信していきます。登録していただけたら嬉しいです(^_^)

【スマホ】使い過ぎで人体に起こるヤバイこと(対処法あり)

スマホを最近使い過ぎているなーと感じる方は、是非是非。

プツプツ言っているので新しいマイク買います。(汗)

 

アニメーションを使った動画です(^_^)

5分弱の短い動画なので気軽に見てください。

こんなやつです↓

f:id:aka-yuri:20200527105946p:plain

 

皆様に有益な情報を配信していきます。登録していただけたら嬉しいです(^_^)

【記憶力】復習のベストタイミングは、これだ!!(記憶力テクニック編4)

復習のベストタイミング

f:id:aka-yuri:20200528123312j:plain

記憶力のテクニック編第4弾です。

今回のテクニックは、テスト勉強、受験勉強、資格試験の勉強などに使えるテクニックです。

 

ベストな復習のタイミング

説明

研究(1)によると

◯テストまでの期間の長さ

◯テストの形式

によって復習のベストタイミングが異なるそうです。

 

テストの形式

認識テスト:いくつかの選択肢の中から正解を選ぶもの

想起テスト:選択肢ではなく、問題に回答するもの

 

研究結果

認識テストの場合

  テストまで7日:1日間隔

 テストまで35日:11日間隔

 テストまで70日:21日間隔

テストまで350日:21日間隔

 

想起テストの場合

  テストまで7日:1日間隔

 テストまで35日:7日間隔

 テストまで70日:7日間隔

テストまで350日:21日間隔

 

上記のように復習したグループの効率が良かったそうです。

認識テストは、選択肢でやや難易度が低いため間隔が長い傾向があるんですかねー。

ただテストの形式によっては、そこまで差がないかもしれません。

 

また、別の研究(2)では、

復習のタイミングは、等間隔でなく少しづつ伸ばす方が効率が良いとされています。

中でも復習の間隔を5−8−13の比率にしていたグループが良く記憶できていたそうです。

※勉強から48時間後にテストを行った研究のため長期となると参考程度かもしれません。

 

方法

上記のことから、基本的に

◯テストまでの期間が長いほど、復習の間隔を長めにとる

◯復習の間隔は、少しづつ伸ばす

 →同じ内容を復習する時、はじめは次の日に復習。次は3日間空けるなど。

 

ということを意識していくと良いかと思われます。

 

お子様用

テスト勉強、受験勉強などに参考になったら幸いです(^_^)

  

今週の動画

アニメーションを使った動画です(^_^)

こんなやつです↓

f:id:aka-yuri:20200527105946p:plain

ぜひどうぞー!

www.youtube.com

皆様に有益な情報を配信していきます。登録していただけたら嬉しいです(^_^)

【記憶力】最強といわれる勉強法は、これだ!!!(記憶力テクニック編3)

テスト効果

f:id:aka-yuri:20200527110830j:plain

記憶力のテクニック編第3弾です。

今回のテクニックは、学習において最強とも言えるテクニックです。

 

テスト効果

説明

自分で模擬的にテストをすることによって記憶の長期化が促進されることをテスト効果と言います。

 

効果 

研究(1)では、 要約、マーカーペン、再読などよく学習に使われる勉強法を比較する調査が行われました。結果、最も記憶の定着率が良かった学習は、模擬テスト分散学習でした。

 

また、コロンビア中学校で行った研究(2)では、小テストを行った(学期中3回)範囲と行わなかった範囲に分けて本番のテストを行った結果、小テストを行った範囲の成績は、平均Aマイナス行わなかった範囲は、Cプラスとなったそうです。

 

なお、要約、マーカーペン、再読は記憶の定着に効率が悪いそうです。(えー(◎_◎;))

 

方法

復習をテスト形式にします。

【例】

◯暗記用マーカーを教科書に引いて穴埋め問題にする。

◯小テスト付属の参考書を使う。(コピーして複数回する。)

◯自分で問題を作る。(ノートの左に問題、右に答えなど)

◯誰かに問題を出してもらう。etc

 

テスト形式になっていればOKです。

大切なことは、思い出そうとする作業です。

思い出そうとする作業は、検索練習と言って複数の研究で記憶の定着に役立つことがわかっています(3)。

この模擬テストは、その検索練習の効果をフル活用していますよね。

 

↓暗記用マーカー


ゼブラ チェックペン アルファ 水性マーカー 青 WYT20-BL (×3 本)

 

お子様用

小さいお子様であれば、問題を作って簡単にテストしてみても良いかと思います。繰り返しになりますが、大切なことは思い出そうとする作業ですので、それを満たしていればどんな方法でも大丈夫です(^_^)

 

私の感想

中学校入りたての時にどう勉強して良いか分からず、テストの結果もあんまりだった気がしますが、ある時から自分で問題を作るという方法に変えた(経緯は、忘れましたが)結果だいぶマシになった記憶があります。こんな効果が働いていたんですねー( ◠‿◠ )

 

今週の動画

アニメーションを使った動画です(^_^)

こんなやつです↓

f:id:aka-yuri:20200527105946p:plain

ぜひどうぞー!

www.youtube.com

皆様に有益な情報を配信していきます。登録していただけたら嬉しいです(^_^)

 


 

 

 

【記憶力】記憶の宮殿で記憶力そのものが上がる!?(記憶力テクニック編2)

記憶の宮殿

f:id:aka-yuri:20200526111050j:plain

記憶力のテクニック編第2弾です。

今回のテクニックは、全米の記憶力バトルの優勝者も使っているそうです。

 

記憶の宮殿 

説明

記憶の宮殿とは、場所をイメージしてそこに記憶したい事柄を置いていく記憶法です。

 

効果

効果は、凄まじく記憶の宮殿の効果を検証した実験1)によると、

記憶の宮殿の記憶力トレーニングをしたグループは、そうでないグループに比べて

◯記憶力が改善した

◯記憶力のトップ選手と似た脳の構造になった

◯効果は、4ヶ月後も持続していた

 

とのこと。すごいですねー!(◎_◎;)

 

記憶の宮殿の例

場所は、自分の家をイメージするのが定番です。イメージしやすい場所ならどこでも良いです。

 

徳川将軍歴代から順番に記憶しなければならないとして

家の外から中に入っていくのをイメージします。

 

徳川家康 (家の前に健そうな人が立っている。)

徳川秀忠 (犬ハチ公が庭にいる。)

徳川家光 (家の玄関の扉がピカピカっている。)

徳川家綱 (扉を開けると誰かがを引き合っている。)

徳川綱吉 (リビングでおみくじのが当たった人がいる。)

徳川家宣 (その後ろで選手誓をしている。)

というような具合です。ちょっと無理やり感もありますが、

ただただ丸暗記するよりかなり頭に残りやすいですよね。

このほかにも様々なことに使えると思います。

 

お子様用

暗記科目には、非常に使えるテクニックだと思います。場所は、本人のよく覚えているイメージしやすい場所であればどこでも大丈夫です。親戚の家、学校、通学路etc...

 

私の感想

私もメモ帳がない状態で何か思いついたときには、よくこの方法を使って記憶しておきます。

論文の試験をするときにも使いました。論文に出てくる内容をこじつけですが、玄関から当てはめていきました( ◠‿◠ )ただ丸暗記するよりも格段に早かったですねー。かなりオススメのテクニックですよ。

しかも実験では、この方法を続けていると記憶力トップ選手と脳の構造が近くなってくるというのですから使わない手はないですねー(^_^)

  

今週の動画

簡単に集中力がアップさせたい方は、ぜひぜひ。

www.youtube.com

皆様に有益な情報を配信していきます。登録していただけたら嬉しいです(^_^)